解体工事の用語集

■ RCもしくはRC造 

RC

Reinforced-Concreteの略で、鉄筋コンクリート構造の事を言います。


※ RCの建物は木造に比べとても頑丈にできている為、解体時もコストが高くなります。また、解体現場では、地中埋設物の浄化槽の種類でRC(鉄筋コンクリート)浄化槽など、追加工事として撤去処分します。

工事事例

■ アームロール(フックロール)

アームロール

荷台部分(コンテナ)を脱着することができるアームを備えた装置を搭載したトラック。運転席のリモコン操作によって、コンテナを脱着する事ができます。


※ 解体現場では、廃材等を入れる為にコンテナだけおいて使う事もあります。
工事事例

■ RC40-0(アール・シー40-0) 

RC40-0(アール・シー40-0)

このRCとは、Recycle Crushed stoneeの略で「40-0」は、アスファルトコンクリート、セメントコンクリート、レンガ等を粉砕機などで0-40mmの大きさに砕いたものを「RC40-0」と呼びます。
道路用骨材やコンクリート用骨材、建築資材として利用されます。
リサイクル品なので天然砕石と比べ安くなります。


※ 解体後、建築予定のない場合などに撒石する事があります。
工事事例

■ アスベスト(石綿)


ALC(エー・エル・シー)
アスベストは、耐熱性、絶縁性、保温性に優れている為、古くから断熱材とし手利用されて来ました。近年、健康被害が明らかになったことで、アスベスト含有製品の生産、使用が禁止になりました。

※ アスベスト製品が全廃された現在でも、吹き付けアスベスト、アスベストを含む断熱材など用いられた建造物が問題となっています。主にスレートと呼ばれる屋根材にも石綿(アスベスト)スレート瓦は、住宅用、工場用屋根として1960年頃から広範囲に使用されていましたが、2004年以降は一切使用されていません。スレート瓦の解体には、専門知識を持った人が建設リサイクル法の届け出をして適正に処分しなければなりません。
工事事例

■ ALC(エー・エル・シー)


ALC(エー・エル・シー)
ALCとは、英語表記で「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」で高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリートの意味になります。
耐火性、防火性、強度もあるので建築物の外壁材・間仕切壁・床下・屋根裏など鉄骨建築物の建材として色々な部位に使用されています。 家屋の建材としては、旭化成建材とへーベル社と技術提携したALCパネルがあります。

※ ALCパネルは、鉄筋で補強されており耐震性に優れる為、解体する時はとても手間がかかります。その為、木造の解体より解体費用が高額になります。
工事事例

■ FRP(エフ・アール・ピー)

FRP(エフ アール ピー) FRPとは、英語表記「Fiber Reinforced Plastics」繊維強化プラスチックと言い、ガラス繊維等の繊維をプラスチックの中に入れて強度を増した複合材料です。
耐食性(耐水性)、採光性が高い、アルミより軽く、鉄よりも強いく加工しやすい等、建設材料としても浄化槽をはじめ配管パイプ等多岐にわたり利用されています。


※ FRPは軽く強度があるので、浄化槽などで使われています。

工事事例

■ H形鋼(エイチがたこう)

 H形鋼(エイチがたこう) 断面がHになっているのでH形鋼と呼ばれいる。他の鋼材と比べ断面効率が優れており、建築物の基礎杭用として使われている。鋼材には、I形鋼・T形鋼・山形鋼・平鋼・溝形鋼Z形鋼 などの多くの種類がある。


※ 工事現場の塀の支柱杭等に使われることもあります。

工事事例

■ H鋼スラブ造(エイチコウ・スラブづくり)


H鋼スラブ造(エイチコウ・スラブづくり)
スラブ (slab)とは、 英語で床という意味です。
一般的には、鉄筋工ンクリートで作られた建物の床板の事をスラブと言います。
H鋼スラブとは、アルファベットのHの型をした鋼材で作られている床材という意味になります。


※ 宅盤が路面から上がっている等、垂直に擁壁が作られていない場合、この様に実際の敷地(地上権)まで人工的に宅盤をせり出す事ができます。支柱が付いた宅盤は、人工宅盤等と呼ばれる事もあります。

工事事例

■ エンジンカッター

ALC(エー・エル・シー) コンクリートや鉄を切る為に使う大型のカッターです。
コンクリートブロックや土間など、一部撤去する時に使われます。カッターで切断するので切断面もきれいに上がります

※ 解体現場では、ブロック塀の切離し・鉄骨の切断等、エンジンカッターを使った施工をします。
工事事例

■ 大割

ALC(エー・エル・シー) 大割とは、重機のアタッチメント(先端の交換部品)の一種で鋏の先端部のような機能をしているもので、大きなものを挟んで壊す為に使用する重機アタッチメントの名称です。

※ 大きなRCの建物を壊す際は、ほとんどこの大割を使って工事を行います。
工事事例

お見積もりはこちらから

用語説明目次はこちらから

トップページはこちらから

追加工事一覧はこちらから

工事例はこちらから

見積もりフォーム

  • 無料見積もり依頼
  • 平成29年お問合せ件数
  • 平成29年お問合せ件数
  • HOME
  • 施行事例
  • 解体工事の費用
  • 地中埋設物
  • 解体工事の流れ
  • 分離発注
  • 解体工事に必要な手続き
  • 解体工事の種類
  • 不用品処分
  • 対応エリア
  • お問い合わせ
  • HP担当者紹介
  • よくあるご質問
  • 会社概要
  • フェイスブック

  • ツイッター


    • お問合せは
    • 株式会社ハマーズ
    • Eメール:info@hammers7.jp
    • 住所:〒247-0013
    • 神奈川県横浜市栄区上郷町
    • 1670-201
    • 地図はこちらから
    • TEL:045-894-8881
    • FAX:045-894-8882
    • 横浜市の解体工事補助金
    • 横浜市から解体工事の助成金がもらえる!

    • 川崎市の助成金
    • 川崎市も地域限定で解体工事の助成金を始めました。

    • お客様の声
    • 工事をさせていただきましたお客様のご感想を載せました。

    • 解体用語説明
    • 見積書等で分からない言葉ってありませんか。

    • お得な情報
    • 知って得する、見積もりの上手な取り方。

    • 採用情報
    • 業績好調につき、社員・パート・アルバイト大募集いたします。やる気があれば男女問わず大歓迎です!!

    • 協力会社募集
    • 見積依頼多数につき、「協力会社様」大募集です。是非弊社の解体工事をお手伝いください。